>レポート>出産をするなら無痛分娩が最適《痛みを低減する》

出産をするなら無痛分娩が最適《痛みを低減する》

医者

無痛分娩も対応しています

妊娠中期から、後期に入ると分娩に対する不安や恐怖心を感じている人が多いですが、横浜の産婦人科のクリニックでは、最新の医療設備が整っており、豊富な経験の医療スタッフが在籍をしているので、最適な分娩の方法を提案してくれます。胎児や母体の健康状態が良好な場合は、自然分娩を行うのが一般的です。痛みに敏感な人は無痛分娩にも対応をしているので、医師に相談してみると良いでしょう。無痛分娩は従来の方法に比べると、出産に掛かる時間が少ないですし、産後の回復も早いので、女性にはメリットのある方法です。横浜の産婦人科は口コミでも評価が高いので、衛生的な環境で安全な出産の方法を提案してくれます。自然分娩の場合は母体や胎児に危険が及ぶ場合は、帝王切開による分娩を行います。

カウンセリング

帝王切開の分娩の注意点

自然分娩の場合は吸引などの処置を行っても、膣を通って出産する方法なので、産後の回復が早いのが特徴です。双子などの多胎児の場合や、前置胎盤、逆子などの異常が見られる場合は、妊婦に麻酔を行い、腹部を切開して胎児や胎盤を取り出す帝王切開を行います。現代は4人に1人ぐらいは帝王切開による分娩を行っており、大変ポピュラーになっています。帝王切開を行った後は流動食から始める必要がありますが、回復が早い場合は1週間から、10日前後で退院ができます。横浜の産婦人科では無痛分娩の出産も行っています。自然分娩に比べると高度な技術や医療器具が必要ですが、出産に恐怖心を持っている女性にお勧めの方法です。横浜の産婦人科では体調に合わせた最適な方法を提案しています。